雨、風、陽射しが一定せず


今日の気温は 20度Cから 27度C。

霧雨が時々落ちてくる曇り空の朝を迎えた。薬剤散布の音がしていたので小屋の扉を開けるのがずいぶん遅くなってしまった。



音が終わり、外に出てみてからまずシロを出し、一食目を与えるときにかれを小屋に入れ、シマを砂浴び場に出し、サキの扉を開ける。近くの果樹園で草刈りの動力音が聞こえてくるので、キツネやタカなどの野生の天敵は来ないだろう、などと。

が。シマをいつものように砂浴び場に出し、一食目を与えてまもなく雨が降り始めた。目下、次第に大きくなってきた柿よけ…今後ずっと柿の実は自然落下するので…にと、シマにかぶせるメッシュ製「かご」にトタンの屋根をつけたので、母屋の軒下にある砂浴び場にいるシマには余り雨が当たらないだろう、としばらく様子を見に行かなかったら、シマはぬれていないが雨の跳ね返りのしぶきが当たるらしく、シマは時々ブルブルッと体を震わせていた。片脚がマヒする彼女にとって、あまり簡単なことではないらしく、もう少し配慮をしてやるべきだったか、と。

陽射しが出たり、雨が降って来たりを繰り返すうち、午後にはかなり強い風が吹き始め、二食目を与えるときにサキを小屋に入れ、入れ違いにシロの扉を開けたのだが、かれもそのうちに小屋に入ってしまった。

三食目を与えるとき、シロの扉を閉め、サキの扉を開けたのだが、サキも風のためにすぐに小屋に入って出てこようとしない。ならば、と少し早めに扉を閉めることにした。

シマは雨がちだったこともあり、今日はほとんど砂浴び場に座ったきりだったので、「趣味の菜園」に連れ出すことにした。柔らかいメヒシバやハコベが多いトウモロコシのウネに降ろしてやると、強風の中で…風は周囲の作物や雑草に幾分かはさえぎられているはずだが…彼女は座ったきりあまり動こうとしないで風を避けているように見える。

「菜園」での用が済み、彼女も少し早めだがサンテナに戻すことにした。

今日はサキが玉子を産んでくれた。
[PR]
by farbito | 2009-07-14 08:29 | | Comments(0)


わが家の鶏たちのあれこれ。画像は、2010/9/10に孵化後三週間で我が家に来た名古屋種(コーチン)のシズ(左・メス)とゲン(右、オス)。薄紫色の文字列はリンクです。


by farbito

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

LINKS

カテゴリ

全体

未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧