雨の朝に


今日の気温は 20度Cから 23度C。

小雨の朝。シマの様子を見ようとサンテナを開けると、彼女はすでにこと切れていた。昨夜、彼女が一度バタバタしたのだが、見に来てやらなかったのがいけなかったか。

6月3日の朝、小屋の中で足が利かなくなってから約四ヶ月、周囲で他の鶏たちが自由に歩き回っている姿を見ながら、ひとり何を思っていただろうか。

昨日何となく居眠りばかりしていたシマは、夕方に屋内へ連れて来る際の羽ばたきが少し弱かったかもしれないし、屋内で明かりを点けてあったのにほとんど食べようとしなかったのはすでに弱っていたのかもしれないし、と今になってそういえば、と思い出すのだが。

昨日の午後には柔らかくなって渋が抜けた蜂屋柿をほぼ半分夢中になって食べていたのだし、朝の食欲はいつものようだったのだし。

とはいっても、病気ではなかっただろう、動けない分次第に衰弱していったのだろうし、元気なときにはあれだけ走り回っていた彼女はこの約4ヶ月の間、ストレスが溜まりに溜まっていたにちがいなかろう。

最後の四日間、次第に床ずれのようになっていく動かない足のために、体重がかからないように少し深めの「座布団」を工夫した積もりだったのだが、少しは楽に過ごせていたのだろうか。

何度か安楽死という言葉が頭の中をよぎったのだが、それでも寿命のある限りは、と虫を捕まえてきて与えてみたり、「趣味の菜園」で作業をするときにはできるだけそばへ連れて行ってみたり、思うように動けないために水飲みを汚してしまうそのたびにうつわを洗って新しい水を入れてやったり。時間のあるときにはできるだけ様々気を使ったつもりだったのだが。

彼女にとって、どんな日々だったのだろう。

雨模様にもかかわらず、家族は亡きフッキーを埋めた隣に穴を掘ってくれた。ヒヨコたちと引越しを控えて「親孝行だ」などとも。シマの好奇心旺盛で、生まれた日から筆者に馴染み、捕まえようとしても一歩もその場を動かずされるままになっていたシマ、元気な姿をしっかりと覚えておこう。シマもそのままこの土地の土になっていってもらおうか、と。生前大好きだった堆肥枠のすぐ横に。

メメ167g(+2g)、クク117g(+10g)
[PR]
by farbito | 2009-09-30 09:50 | | Comments(0)


わが家の鶏たちのあれこれ。画像は、2010/9/10に孵化後三週間で我が家に来た名古屋種(コーチン)のシズ(左・メス)とゲン(右、オス)。薄紫色の文字列はリンクです。


by farbito

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

LINKS

カテゴリ

全体

未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧