ヒヨコ、到着


今日の気温は 16度Cから 29度C。

薄い霧のかかった朝。気温がずいぶん下がり、肌寒さを感じた。鶏たちはあまり気にしていないようで、いつものようにポポーの木の下に出かけ、しばらく留まり、やがて小屋のあたりに戻って来た。

一食目を与える頃には勝手口の辺りで待機している。

午前中は、ヒヨコを入れる予定のサンテナを洗い、金網を取り付けるなどの準備に追われた。

今日はヒヨコが来る予定日で、昨夜から荷物がどのあたりに来ているかをネットで追跡している。朝にはすぐそばのまちに届いていることが判っているのだが。

業者さんに無事に届いたことを伝えたメール:
>名古屋種・雄・雌1羽ずつ、9/10の13:50頃に無事到着しました。
>
>プラスチックのヒモ(結束バンド?)を足につけ、体が大き目の、
>トサカもややしっかりし始めている方がオスと推察しました。
>
>2羽とも元気一杯で、箱から手に乗せて出そうとすると、
>飛び出してテーブルの上に着地し、畳の上を走り回り、
>ようやくつかまえて用意した当面の「お家」に入れ、ヒヨコ用の餌に
>我が家にいるオトナの鶏たちの餌(配合飼料+みじん切りの野菜など)を
>少し混ぜて与えてみました。二羽ともすぐに食べ始めました。
>
>16:50までに3回餌を与えていますが、青虫を含め、
>いくらでも食べます。メスの方は、トマトが好きかもしれません。
>
>今日は母屋の中で休んでもらい、明日鶏小屋に、
>サンテナに金網を張ったままオトナたちの隣の部屋に入れて
>ご対面、以後2ヶ月ぐらいかけて(?)徐々に慣れてもらい、
>一緒に暮らせるようになってくれるといいな、と。
>
>水入れ、いいですねぇ、このまましばらく使ってみようかな、と。
>
>元気なヒヨコたち、大切に育てます。ありがとうございました。

…ここまで

e0057486_1943176.jpg

画像は、到着後サンテナに入れたヒヨコたち、ゲン(左、オス)と、シズ(右、メス)と命名。元気なゲン、物静かなシズ。

※ 「水入れ」というのは、小鳥用かもしれない小さなプラスチックの水入れで、その後合わせ目が外れて使用不可能になってしまいました。新しい水が常に補給されるサイフォン式のもの。
[PR]
by farbito | 2010-09-10 19:37 | | Comments(0)


わが家の鶏たちのあれこれ。画像は、2010/9/10に孵化後三週間で我が家に来た名古屋種(コーチン)のシズ(左・メス)とゲン(右、オス)。薄紫色の文字列はリンクです。


by farbito

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

LINKS

カテゴリ

全体

未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧