クク、明日は戻れるかもね


今日の気温は -4度Cから 1度C。

ククはまっさらな新聞紙の上で朝を迎えた。深夜二時に与えた餌は床にはまったくこぼさずにすべて食べてしまったらしい。元気そのもので、クーとかコッコッコとかの声も出て、サンテナの縁に飛び上がった。一食目を外の小屋の中で与えることにした。

小屋の中からは、一昨日、昨日に続きゲンの「コッ(シ)ケッケッケ(ミ・シャープ)ウー(シ・フラット)」という感じの声が何度か聞こえた。かれの雄たけびはコケコッコーにはならないのだろうか。

餌入れを回収するときにククを外に放した、その前にヒト用の体重計で量ると1.7kg、昨日より100g内外増えたことになる。外に放すと、ククは大きな「溜め糞」をした。周囲に水分は流れず、玉子を産んでいるときのメンドリのもののような大きなフンは盛り上がっている。深夜来食べたものが無事に普通に外に出てきたのだろう。調子はよさそうかな、と。

新しい餌と水を外に持って出ると三羽はいつものように勝手口に集まり、ククは扉の前に置いてあるブロックの上に乗っている。三羽を二つの部屋に入れて扉を閉めた。外は強風が吹いていて気温も低めだが、様子を見て正午をはさんで数時間は小屋の扉を開放してみようか、と。

ククはその後二食目からまた屋内のサンテナへ戻したが、フンはほぼいつもの状態に戻り、暇を持て余している模様。明日の最低気温が -6度Cとの予報が出ているので、二日前まで湯たんぽを入れていた彼女が風邪を引いたりしないようもう一晩屋内で様子を見ることにした。

小屋の二つの部屋の床に消石灰を撒き、落ち葉を補充した。明日の朝の冷え込みに備え、ククの部屋の扉の隙間にも布をはさんで隙間風が少しでも入らないようにしておいた。二つの部屋の間は10センチ角の太い針金製「メッシュ」で仕切ってあるだけなので。
[PR]
by farbito | 2011-01-13 18:40 | | Comments(0)


わが家の鶏たちのあれこれ。画像は、2010/9/10に孵化後三週間で我が家に来た名古屋種(コーチン)のシズ(左・メス)とゲン(右、オス)。薄紫色の文字列はリンクです。


by farbito

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

LINKS

カテゴリ

全体

未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧