陽射しはあって風はないものの…


今日の気温は -3度Cから 1度C。

部屋を暗くしたからか、隣で過ごしたククは元気に朝目を覚ました模様で、空になった餌入れをつついて食事を催促している。外に放す前に体重を量ると1.7kgで、玉子を産んでいない時期でもあり、少なくとも病後に寒い小屋に復帰したあと体重が減ってはいないらしい、と。

外に放すと、ククは自分の部屋の扉が閉まっているのが気に入らないのか、扉の前でこちらを見上げては声を出している。二つの扉を開けると、ゲンやシズはすぐに出てきて三羽で歩き回っている。二つの部屋に出たり入ったりして、床や餌入れに残った餌をついばんでいる。

片方の部屋の水飲みは完全に凍っていたがもう一つの方は氷の中に水が残っていた。

今朝、ゲンは「ゴッゲッゲッゲゴー」と少しだみ声で雄たけびを上げていた。声が太くなってオンドリらしくなってきたかな、と。シズの尾羽の黒い色がミニスカートのようでかわいらしい。トサカの色は、成鶏のククとゲンは鮮やかな赤だが、まだ少しオトナになるには時間があるシズはオレンジ色。オスのトサカは、赤くて大きいものがメンドリに好まれるといわれるらしい。背伸びをしてでも早くオトナに見せる習性か本能のようなものか。

午前中に出かけるので、陽射しもあり風もなく穏やかな低温の日だが鶏たちには小屋に留まってもらう。

帰宅して小屋を開けると、やはり鶏たちはせいぜい隣の部屋へ行ったり来たりするぐらいであまり外へは出てこないのだが。

二食目のあとで小屋の扉を開けてみたが、やはり同じように出てこない。明日の最低気温の予報は -5度Cと出ているが、周囲の様子はそれほど冷え込む感じではないので、ククは小屋に。

夕方、ゲンとシズがククの部屋の止まり木に上がっていたので、床に座っていたククを最初はゲンの横、次にシズの横に乗せてみたが、二度とも床に下りてしまった。産卵箱にもぐりこんだククは相変わらず座って過ごすつもりになったらしい。それぞれの寝場所が定まったので戸締りをする。
[PR]
by farbito | 2011-01-21 18:06 | | Comments(0)


わが家の鶏たちのあれこれ。画像は、2010/9/10に孵化後三週間で我が家に来た名古屋種(コーチン)のシズ(左・メス)とゲン(右、オス)。薄紫色の文字列はリンクです。


by farbito

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

LINKS

カテゴリ

全体

未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧