ククが元気になってきた??


今日の気温は -2度Cから 5度C。

マイナス5度との予報が出ていたが、夜中から朝にかけてそれほど冷えた感じはしなかった。

朝一番に小屋の扉を開けると、水飲みにはシャーベット状の氷が浮いていたものの大部分は液体のまま。

まずはゲンを外に出す。ククは産卵箱の中、シズはすぐに外に出て来ようとしたがもう少し中にいてもらうことにした。餌入れを回収に行き、オンドリ・メンドリを交代させて彼女たちの扉を開ける。

一食目を与えようと外に出ると、メンドリ二羽は小屋の扉の外に出て、すぐに中に入っていく。三羽は餌入れを床に置く間もなく夢中でついばみ始める。

ゲンは逃げ回っていたのでしてやれなかった…今時分はまだ気温が低いので、時間がかかりすぎるとお湯の温度が冷めてしまう…が、シズとククに硫黄成分入り足湯。

昼過ぎに、突然ククのけたたましい声が聞こえた。何か来たのか、と外に飛び出してみると、ククは小屋のすぐ前に出ていて騒いでいた。足元には半分になった玉子の殻が。残骸はごく小さい玉子で、薄い殻だった。ひょっとすると黄身がなかったかもしれないのだが、それでも病気のあとで産卵ができるまでに体調が回復したということかも。一方シズは、床の上に玉子を産んでいた。

夕方、堆肥の切り返しをしながらメンドリ部屋を開けておくと、シズは始終飼い主の回りにいた。作業後に、弦を出すと、幼馴染の二羽は中むつまじくいつまでも「趣味の菜園」を歩き回っていた。
[PR]
by farbito | 2011-02-19 19:28 | | Comments(0)


わが家の鶏たちのあれこれ。画像は、2010/9/10に孵化後三週間で我が家に来た名古屋種(コーチン)のシズ(左・メス)とゲン(右、オス)。薄紫色の文字列はリンクです。


by farbito

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

LINKS

カテゴリ

全体

未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧