引っ越しては来たが…


鶏小屋にはまだ扉がついていないので、コンパネ…戸板一枚分の厚みのある合板…を小屋の二つあるはずの扉の部分に当てがい、重石をして鶏が飛び出さないようにではなく、外敵…カラス・ワシ・鷹、イタチ・ハクビシン・キツネ・タヌキ・犬、ヘビなど…に襲われないように戸締りをしてやらねばならない。ちょうどいい大きさの蝶番が旧居にあり、家族はまだ自分の仕事場の解体や道具を運ぶためにしばらくの間旧居と新居の間を往復するので、そのうちに、などと。

扉ばかりか、まだ産卵箱もできていない。床は鶏たちのためには土間にしたいところだが、傾斜のある場所に小屋を作ったためと、外敵が地面に穴を掘って壁の下から侵入することを防ぐために板張りの床を作ったとのこと。作成者なりの考えがあってのことだから、受け入れることにした。

さて、その板張りの床に敷いたライ麦の敷き藁の上に玉子が一つ。取り出すとククのものだった。

鶏たちは、三羽とも旧居での、どちらかというと小屋の中に閉じ込められがちの日々に比べ、当地では元のように変わりばんこながらほぼ一日戸外・小屋の中が半々の生活に戻り、ひとが今まで住んでいなかったこともあり、辺りには青草が生い茂っていることもあり、何か元気一杯にあちこちの地面を掘り返したり青草をついばんだりしている。

当地にも、原発の爆発時にはそれなりの放射性物質が降り注いだにちがいないのだが、距離が旧居よりも離れているので間違いなくその後の毎日の放射能漏れの分は旧居の周囲に比べれば少ないだろう、鶏たちには好きなようにさせてやることにしよう、と。
[PR]
by farbito | 2011-06-29 18:33 | | Comments(0)


わが家の鶏たちのあれこれ。画像は、2010/9/10に孵化後三週間で我が家に来た名古屋種(コーチン)のシズ(左・メス)とゲン(右、オス)。薄紫色の文字列はリンクです。


by farbito

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

LINKS

カテゴリ

全体

未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧