雨のあと、消石灰を撒いておこう


梅雨が終わったかのような暑い晴天がときおりのぞく。まだ曇りの日があったり雨が降ったりもするのだが、今年の梅雨もじきに明けそうだな、と。

朝一番に外に出したオンドリたちのうち、イッチーが玄関先に回ってきてコケコッコー(ハラヘッターと聞こえる)を繰り返している。一食目を与えるときに玄関先まで回ってみたのだが、かれの落し物は粘液便もきれいな茶色で見た限りでは問題はなさそうに見える。が、鶏小屋の周囲には相変わらず赤いといえばいえそうな、血便を疑ってもよさそうなものがひとつだがある。

となると、この主はシロか?? と。念のために、シロに少量の風邪薬を飲ませておく。今日からは、飲み水に入れることをやめようと思っていたのだが、朝一番の水にだけ入れておくことにした。オンドリたちを柿の緑陰の古タイヤにつなぐ。草を刈ってヒモがからまないようにした区域を二ヶ所確保してあるが、これから日差しが照りつけるようになると、複数の柿の木の緑陰になる柿畑の奥のほうに作ったフキの群れの近くにつなぐことの方が多くなりそうなので、消石灰も奥の区域を中心に撒いておいた。

雨の季節がそろそろ終わりそうだし、相変わらずコクシジウムなどを持っているとすれば、やはり鶏たちが日ごろ歩き回っているあたりにもう一度消石灰を撒いて消毒をしておこうか、と。

鶏小屋の堆積物も全て外に出してもう一度発酵させ、温度を上げて(うまく温度が上がると、堆肥は70度C ぐらいの高温になり、持続するので病原菌などを殺すことができることになっている)消毒してから畑に入れるつもりだけれど、その前に、軽く石灰を床にも撒き、かき混ぜておくことにした。

午前中に出かけるので、朝の一食目を少なめに与えておいた。出かける間際に、フッキー、サキ、シマを小屋に入れ、少な目の二食目を与えておく。オンドリたちはつないだまま、かれらにも少し餌を補充しておく。

帰宅して小屋の扉を開けてメンドリたちが出入りできるようにしてから、さっそく三食目(いつもの二食目)を作る。与えるときに、フッキーの丸い玉子がひとつ。

四食目になるが、夕方までに、いつもと同じ分量をほとんど残りなく全部食べてしまった。いつもは三回に分けて与え、少し翌朝に持ち越すぐらいの残りが出るのだけれど、今日は飼い主の都合で4回に分けて与えたら、残りが出ないぐらいよく食べた。ニワトリは、やはり同じ餌でもこまめに度かに分けて与えた方が食い込みがいいのですよ。

夕方、オンドリたちを小屋に入れて戸締りをする際に、明日の朝の分を足して与えておく。
[PR]
by farbito | 2007-08-01 15:59 | | Comments(0)


わが家の鶏たちのあれこれ。画像は、2010/9/10に孵化後三週間で我が家に来た名古屋種(コーチン)のシズ(左・メス)とゲン(右、オス)。薄紫色の文字列はリンクです。


by farbito

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

LINKS

カテゴリ

全体

未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧