シマに負担がかかったかねぇ??


今日の気温は-3度Cから7度C、朝の地面はうっすらと霜で覆われていたが、陽射しが暖かい風のない一日。

オンドリたちを小屋から出すとき、シマは産卵箱に座っていた。その後、昼前までにシマが、午後になってフッキーが玉子を産んでくれた。今日は二つ。

夕暮れに向けて、まだ明るいのでメンドリたちは段差の下にいて、柿畑の落ち葉を足で掻き混ぜている。筆者のパソコン仕事が忙しくなることを見越して、三食目を少し早めに与えておき、メンドリたちのために小屋の右の部屋の扉を開けておき、オンドリたちには左の部屋にいてもらうことにした。

ようやく仕事が一段落して小屋に駆けつけたのはすでに夜になってから。

メンドリたちは右の部屋に入り、フッキーとサキは止まり木に、シマは産卵箱の上に座っていた。三つとも餌入れの中身はそれなりに食べてあったし、三羽の胸のソノウ(餌袋)は膨らんでいたのでひもじい思いはしていなさそうだとは思ったのだが。

戸外は小雪が降り始めている。左の部屋を開け、イッチーを抱き下ろして誘導し、右の部屋に戻す。部屋の中を懐中電灯で照らしていると、彼は止まり木のいつもの一に飛び上がった。

次に、産卵箱の上からシマを抱き下ろし、真っ暗な戸外の左の扉の前に立たせ、部屋の中を明かりで照らす。彼女は自分の部屋に入り、餌入れをつつき始めた。しばらくの間食べ続け、水を飲み始めた。鶏たちが餌を食べる様子を見ていると、まずは食べ、たいてい水を飲んで食事を終わりにすることが多いような気がする。

予想通り、彼女はくちばしを水飲みに入れ、水を含むと上を向いて飲み下すことを数回繰り返したあとで、いつも通り産卵箱の中に座った。

かつて卵を温めて孵してもらった(まま)母鶏のサキ、サキとともに我が子のように育ててもらったフッキーなのだが、おとなになると序列は一番下のシマで、かつての親子関係はほとんどなくなっているように見える。

その、体つきも大きなフッキーやサキと同じ部屋の中で、シマは満足に三食目を食べられなかったかもしれないな、と。
[PR]
by farbito | 2008-03-08 23:40 | | Comments(0)


わが家の鶏たちのあれこれ。画像は、2010/9/10に孵化後三週間で我が家に来た名古屋種(コーチン)のシズ(左・メス)とゲン(右、オス)。薄紫色の文字列はリンクです。


by farbito

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

LINKS

カテゴリ

全体

未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧