<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日こそ寒さの峠を越えたか?


今日の気温は -8度Cから 0度C。

夜中に窓ガラスに霜の花が咲き、確実に冷え込んでいるのが分ったが鶏たちにはいつも通りゲンは一羽、シズは止まり木、ククは産卵箱の中で過ごした。気温は、夜中から-8度近くにまで下がっていたらしい。

明けた朝、ククは産卵箱に座ったままだったが一食目を与えようと再度扉を開けると、彼女も出てきていて食事を食べ始めた。

ゲンがコッケッケッケグーなどと鳴くが、扉を開けておくと飲み水が凍ってしまうしすぐに小屋に戻って止まり木に上がってしまうだろうと10時ごろになり少しでも気温が上がるまで小屋の扉を閉めておくことにした。

明後日ごろからはずいぶん暖かくなるというか、寒くなくなると予報が出ていると、鶏たちに知らせてやりたいものだが。
[PR]
by farbito | 2011-01-31 19:19 | | Comments(0)

寒さも明日までとの予報だが


今日の気温は -4度Cから -1度C。

それなりの冷え込みはあったにちがいない朝。扉を開けると、いつもは産卵箱に座ったままのことも多いククが珍しく床に立っていた。

一食目、三羽とも旺盛に食べ始めた。飼い主が見た限りでは、今朝初めてゲンとククの交尾が成立した模様。今後しばらくは、ゲンの意識がククに集中する…シズはまだ産卵できるまで成熟していないから…だろうから、彼女の背中に傷ができないように配慮してやらねば。メンドリの数がもう少し多ければオンドリの目標が分散していいかもしれないが、目下一対一なので。

明日の朝は-7度Cまで冷え込むとの予報が出ている。いっそ屋内に避寒させようかとも思うが、この寒さを鶏たちは経験していないわけではないし、明日以降は徐々に気温が上がってくるとの予報だからそのまま過ごさせようか、と。
[PR]
by farbito | 2011-01-31 09:47 | | Comments(0)

若たちは初めての足湯


今日の気温は -6度Cから 3度C。

最低気温がマイナス7度との予報が出ていたが、やはりそれなりの冷え込みだったらしい。

ククがなかなか小屋から出てこようとしないで、何となく小屋の床の上に座っている。彼女は食事のときは起きて元気に食べるのだが。

午前中に堆肥の切り返しをした。若たちだけが外に出てきていたが、メンドリたちの扉を開けておいても、ゲンが外にいないとシズは止まり木に止まったままだし、ククは足が冷たいのか座ったままだし。

ククの足のうろこが毛羽立っていて歩くと痛いのかもしれないので、足湯をしてみることにした。若たちは初めてだったかもしれない。硫黄成分の入浴剤…製造中止になってしまったが…を少し熱めのお湯に溶かし、ゲン、シズ、ククの順に。ククは過去に経験しているからか、抗ったりせずに足にお湯をかけてこすってやると静かに洗い桶…台所用ではなく、もっぱら戸外の「趣味の菜園」・園芸・鶏用…に足を漬けている。

ククやメメも、去年の今頃はゲンやシズのようにきれいな足をしていた。鶏疥癬というのは人の水虫のような病気だろうと思われるが、その予防を兼ねて。

明日、あさって辺りで寒さが少しずつ和らいでいくような気配が予報を見ているとあるのだが、どうなることか。
[PR]
by farbito | 2011-01-29 11:03 | | Comments(0)

真冬日


今日の気温は -4度Cから -2度C。

何となく雪模様の一日に。朝、扉を開けると飲み水がほぼ凍っていたが中にはまだ水が封じ込められていた。

午後に外出する予定なので、なるべく午前中に扉を開けてやりたかったが氷点下のままなのでやむなく閉めておく。飲み水に氷が張ってしまう。

少し早めの二食目を与えようと扉を開けると、鶏たちは薄い氷を割って水を飲んでいた。ぬるま湯になるように熱湯を差しておいた。

最低気温がマイナス7度との予報が出ていたので、夜中になって冷え込みを確認してから…予報が本当らしいと判断して…ゲンをメンドリたちの部屋に入れて止まり木に止まらせ、シズと体をくっつけて暖を取れるようにしておいた。ククの産卵箱の隙間を埋めるべく新聞紙を箱の上から垂らしておいた。
[PR]
by farbito | 2011-01-28 19:36 | | Comments(0)

午後には雪が降り始める


今日の気温は -4度Cから 4度C。

少し冷え込んだかもしれないが飲み水は半分ぐらいしか凍っていなかった。陽射しのある風のない穏やかな日になりそうだ、などと。

少しずつメンドリ同士、オンドリ一羽の住み分けに慣れてきたようで一安心かも。
[PR]
by farbito | 2011-01-28 10:32 | | Comments(0)

若たちの体重を量る


今日の気温は -5度Cから 5度C。

夜中に気温が下がったらしく窓ガラスの外に霜の花が咲いていた。明るくなってからは晴れて少し風はあるが暖かい日になった。

シズとゲンの体重を量ってみた。シズは1.8kg、ゲンは2.6kg。もう少しでオトナになるかれらも、昨日量った病み上がりのククの2.1kgもなかなかいい線ではなかろうか。

シズは小屋のそばですぐにつかまった。抱き上げるとおとなしく体重を預けてくる。ゲンは、外を逃げ回ったが小屋の中に戻ったところを抱き上げるとあとはおとなしくされるままになっている。体はほぼ一人前に育ったが、オンドリとしての自覚が出来ると向かって来たり、跳び蹴りをしてきたり、噛み付いたりと、攻撃的になるはずで、逃げ回るのはまだヒヨッコ、かわいいもんだ、などと。

一食目を与えてシズの様子を見ていたら、彼女はククの食欲に負けずに一緒に堂々と自分の前にある餌入れから食べていた。問題なかろう、と。

ゲンを小屋に入れたままメンドリの部屋を開けておいたら、ククは日向ぼっこをしていたがシズが小屋に戻っていた。ゲンが外にいないと心細いのかもしれない。扉を両方とも開けた。

二食目を与える前に、小屋のそばにはゲンとシズしかいない。ククは、と探すと「趣味の菜園」のかなり向こうの方に座っていた。彼女の近くまで行って「ゴハンだよ!」と呼び、小屋まで戻ってくると、ゲンがククのところに突進していく。ククはゲンのオンドリとしての行動に少し気後れして遠くに避難していたにちがいない。ならば、今後は少し気をつけてオンドリ・メンドリを交互に外に出すようにしていかねばなるまい。食事の前に両方の扉を開けるなどしながら。
[PR]
by farbito | 2011-01-26 19:33 | | Comments(0)

シズを気遣ってやらないと??


今日の気温は -4度Cから 3度C。

曇りがちで時々雪がちらつくがそれほど寒くない一日に。

ククは、二食目を与える際に体重を量ってみたら2.1kgあった。まずは順調に回復していると思っていいかな、と。

シズが、ククと一緒だと食事ができにくいかもしれない。要注意、体重を量ってみる必要があるかもしれない。ゲンと一緒に暮らしてきたが、ここ数日はククとメンドリ同士、部屋に入れている。

ゲンは肩幅が広くなって名古屋種(コーチン)らしい体つきと、新しいオトナの羽毛が生えそろって来て、美しいオンドリになった。相変わらず雄たけびはコッケッケッケグーという感じだが。
[PR]
by farbito | 2011-01-25 19:13 | | Comments(0)

うっすらと積雪


今日の気温は -3度Cから 4度C。

地面が白くなる程度の積雪があったが、さほど寒さを感じないのは寒さに体が慣れたからだろうか。鶏小屋の中の水飲みは、片方には氷が張っていたがもう一方は完全な水のままだった。

オンドリ・メンドリと分けて過ごした一夜だったが、ゲンはずいぶん早くからコッケッケッケグーを繰り返していた。

三羽とも元気で食欲あり。気温が低めなのと雪雲に覆われた空のために小屋の扉をそのまま閉めておく。
[PR]
by farbito | 2011-01-24 19:11 | | Comments(0)

ゲン、そろそろ独居かもねぇ


今日の気温は -6度Cから 2度C。

昨日と同じぐらい寒い朝だったかな、という気がするが、日脚が伸びたことを夕方よりも朝に特に感じる。気温はまだ低いままだが春に向かっているな、という気分がしてくる。今日は少し風があり、16、17日に降った雪はまだ地面に残っているのだが、昨日雪の上にも撒いておいた発酵ヌカをところどころ食べたりしながら鶏たちは少しずつ辺りを歩き回っている。

鶏たち、三羽とも元気に外に出てきて、一食目をメンドリ二羽・オンドリと分けて食べることにも少しずつ慣れてきたかな、という気がする。午前中も午後遅くにも、小屋の扉を開けておいたが、ゲンは、まだ卵を産むまでに成熟していないシズではなく、交尾が成立しているにせよしていないにせよ、ククの背中に何度か乗っている。かれの関心がククに集中してしまうので、今日からオンドリ・メンドリを分けることにした。寒さはそろそろ峠だろうから若い二羽とも何とか乗り切ってもらうために体を温めるものを食事に加えてみよう、などと。
[PR]
by farbito | 2011-01-23 19:31 | | Comments(0)

ゲン、少し早くない?


今日の気温は -6度Cから 4度C。

朝、晴れていつもにもまして寒いが風はなく陽射しがある。何となく日脚が伸びてきたことを感じる。

今朝、三羽が左の部屋から出てきたところで、ゲンがククの上に乗って交尾をしそこなっているのを初めて見た。かれのトサカはすでに深紅色で同日に孵化したはずのシズのオレンジ色とはちがうが、オンドリの方がメンドリよりも早く成熟するものかしらん。

午前中に外出するので小屋に入れておいたが、帰宅したのが11:00頃でそれから二食目まで扉を開けておく。我が家の猫を獣医さんに連れて行ったのだが、獣医さんも鶏を飼っておられるとのことで、鳥インフル対策の話で盛り上がってしまった。

試みに、二食とも右の部屋にククとシズ、左にゲンと分けて入れて様子を見ている。シズの産卵が始まったらでもいいが、今から分けると、シズとゲンはそれぞれの部屋で一羽ずつ止まり木で眠らねばならないので、厳冬期には寒かろう、と。ククは目下産卵箱で眠っている。
[PR]
by farbito | 2011-01-22 22:51 | | Comments(0)


わが家の鶏たちのあれこれ。画像は、2010/9/10に孵化後三週間で我が家に来た名古屋種(コーチン)のシズ(左・メス)とゲン(右、オス)。薄紫色の文字列はリンクです。


by farbito

LINKS

カテゴリ

全体

未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧