一転、雪まじりの風に


朝はずいぶん暖かかった、というよりはまったく寒くなかった。数日間続く暖かさの中でゆったりと過ごしているように見える鶏たちは、今朝はイッチーの騒ぎもなくて、まずは穏やかな朝を迎えた。

が、天気は下り坂で今日は一日曇り、次第に気温が下がるという予報どおり、午前中は8度ほどあった気温は午後に入ると5度に下がり、風も出てときおり雪さえも混じるようになった。

それでも、ほとんどいつもと変わらず、鶏たちは連れ立ってあちこちへ出かけては何か見つけてついばんでいる。

夕方、春の、降ってはものに当たるとすぐに消える雪を背中のくぼみに溜めながら、4羽とも勝手口の近くにたたずんで飼い主を待っている。少し早めに小屋に入れた。

夜に入り、それでも厳冬期のような冷え込みはもうないのかな、と、顔に当たる冷たい風の中を、小屋の戸締りに行った。産卵箱には玉子が三つ。また、三羽がひとつずつ産んだ。ありがたく回収する。

近所の子どもさんが回覧板を持ってきて下さったので、玉子をおすそ分けした。

毎日新聞3/13付けの記事に、鳥インフルエンザの東から西への感染拡大について、こういう指摘があったので、記事の一部を掲載しておくことにします。

知りたい!:鳥インフルエンザ 東→西、拡大の謎 湖が媒介?家きん貿易?
 <2006・チャンネルYou>

 (略)北海道大学の喜田宏教授(微生物学)は「鳥インフルエンザウイルスはもともとカモ類が持っている。カモからニワトリには直接うつらないが、七面鳥やウズラ、ガチョウなどを経てニワトリにうつる。(弱毒型ウイルスでも)ニワトリの間で半年以上感染を繰り返すと、強毒型ウイルスが出現することがある」と話す。

 現在、世界に広がっている強毒型のH5N1ウイルスは96年にさかのぼることが出来るらしい。国立感染症研究所ウイルス第3部の田代真人部長によると、96年に中国広東省のガチョウで感染が見つかった。ウイルスの遺伝子が混ざり合って97年に香港で流行、18人が感染し6人が死亡した。そして03年、強い病原性を持つものが東南アジアや日本にも伝わった。03年以降、H5N1ウイルスの感染患者は10日現在でベトナム93人、インドネシア28人など7カ国で計176人に上り、うち97人が死亡した。

 欧州にはどのようにして伝わったのか。渡り鳥がウイルスを運ぶにしても、移動は南北のルートが基本で、感染した鳥がアジアから欧州に飛ぶことは考えられない。喜田教授は「中国青海省の青海湖で見つかったのと同じウイルスがモンゴルで水鳥の大量死を引き起こした。南方で感染したカモ類が北方の営巣地に帰る途中で立ち寄るなどして水辺が汚染され、そこに他の渡り鳥や水鳥が来て感染したと考えて無理はない。多くの湖沼の水を介して、飛来範囲の重なる鳥の間で感染が欧州に移っていったと見ることもできる」と語る。

 ◇鶏糞肥料の関与説も

 一方、日本野鳥の会の主任研究員、金井裕さんはこう主張する。「世界的なウイルスの拡大には養魚場や農業肥料への鶏糞(けいふん)利用が大きく関与している可能性が指摘されている。青海湖においても同様のことが起こった可能性がある」。つまり、水辺の汚染は人為的要因が濃いとの見方だ。

 さらに、渡り鳥が媒介するとの説にも懐疑的だ。「ロシアやカザフスタンの国境地域では渡り鳥の移動とは異なる時期に、交易路沿いに感染が広がったとの報告もある。中東やアフリカでもアジアとの間で家きん類や家きん肉などの商取引をしている」と指摘。感染した鳥などの貿易によってウイルスが伝播(でんぱ)したと推測する。

 世界的な鳥類保護団体「バードライフ・インターナショナル」の2月末の声明でも、渡り鳥の可能性を指摘しつつも、ウイルス伝播の主要ルートは交易としている。(以下略)
[PR]
by farbito | 2006-03-13 11:52 | | Comments(0)


わが家の鶏たちのあれこれ。画像は、2010/9/10に孵化後三週間で我が家に来た名古屋種(コーチン)のシズ(左・メス)とゲン(右、オス)。薄紫色の文字列はリンクです。


by farbito

プロフィールを見る
画像一覧

LINKS

カテゴリ

全体

未分類

以前の記事

2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧